緊急時に使用できて安いピル、「アイピル」の使用法

現在では海外医薬品やサプリメントの輸入販売を取り扱う個人輸入仲介サービスによる、医薬品の利用がポピュラーとなっています。メリットとして、国内では購入が困難なものを気軽に購入できる、料金が安い、などさまざまなものが挙げられます。ダイエットから薄毛治療、漢方、避妊薬など種類が幅広く、しかも安いため非常に人気です。
その中で、アイピルも個人輸入仲介サービスによって購入する方が増えています。アイピルは、平常時決まった時間に決まった用法で使用するピルに対して、緊急時に効果を発揮する避妊薬です。アイピルの使用法としては、避妊具を用いずに性交渉してしまった際や、行為の最中に避妊具が破損した際などトラブルが起こった後に服用するのが主な使用法です。アイピルを服用すると、体内でのホルモンバランスを変調させ、子宮内膜を剥がし、受精・着床する可能性を下げる効果が期待できます。使用法のコツとしては性交渉後、できるだけ早く服用することです。72時間以内であれば75%、24時間以内であれば95%まで避妊効果が高まります。必ず早めに服用するようにしましょう。
しかし、優れた薬にも必ず欠点があります。まず、副作用があります。頭痛や吐き気、下腹部の痛みなどです。特に、服用して3時間経っていれば問題ないですが、服用して3時間に満たない時点で吐いてしまった場合、時間を置いてもう一度服用する必要があるので注意が必要です。また、常用できるピルやコンドームに比べると、確実性は落ちます。また、いくら価格が安いといっても通常の避妊薬に比べると割高であるため、常用するには非現実的です。あくまで非常用ということを念頭に置き、常用しないようにしましょう。