いま先物取引投資で大注目!プライムテック(Prime Tech)の情報

いま先物取引投資で大注目!プライムテック(Prime Tech)の情報

私はすでに仮想通貨でかなり利益を上げていますが、日本にまだ展開されていないある投資案件が注目を浴びているという情報を得ることができました。

自然エネルギー先物取引については興味はありましたが、取引をするべきかどうかは判断に迷うところがありました。

しかし、今回信頼できる方からの情報によると「初心者でもできる」とのこと。

これも効率的に稼ぐ方法を探している人にとっては有益な情報になりえるので、私の経験談を元に紹介したいと思います。

先物取引について

先物取引について

まずプライムテックの内容に入る前に先物取引というものがどんなものか少し見ていきたい思います。

先物取引とは?

先物取引とは将来の一定の期日までに、対象となる商品を現時点の値段で買ったり売ったりする取引です。

必ずしも現物を受渡しする必要はなく、期日前であれば反対売買による差額の授受で決済することもできますし、期日に現物を受け取ったり渡したりする事もできます。

前もって売買の価格を決めておくことができるので、価格変動する商品の売買につきものの価格変動リスクを回避できるという利点として挙げられます。

先物取引の1例

例として、いまあなたにはどうしても欲しい20万円のプラチナの指輪があるとします。

1年後にボーナスが入ったら買おうと思っていますが、プラチナのような金属は価格は常に変動しているので1年後には値上がりしている可能性もあります。

どうしても欲しいものですが、値上がりしてしまっては諦めなければいけないので、買えるのは1年後でも現在の価格で購入したいと思いますよね。

そういった時に先物取引であれば、手付金としてお金を少し支払っておくことで、1年後にプラチナの指輪を20万円で買うことができるようになります。

未来のプラチナの価格が上がっているか下がっているかは誰にもわかりませんが、先物取引をすることで値上がりして買えない心配をする必要がなくなります。

これは1例に過ぎませんが、こういった点は先物取引のメリットだと言えますね。

三大国際商品先物について

三大国際商品先物について

それでは先物取引の中でも大きな農産物先物・貴金属先物・自然エネルギー先物の市場についてみていきましょう。

農産物先物

農産物はその名前の通り、農業によって生産される物、つまり植物由来の商品で、代表的なものがとうもろこしとや大豆です。

農作物を育てるためには種をまいてから収穫するまでに数カ月間かかるというのはすぐにイメージできると思います。

スピード感のある人為的な増産はできない上、寒冷地や砂漠などの高温乾燥地帯、さらには川や海などの水中では生産することは困難という特徴があります。

雨を伴う温暖な気候と肥沃な土壌が必要、人が生命活動を維持するために口にするというのも農作物ならではです。

農産物は人が口にする以上、必要不可欠であるものの、世界中どこでも生産することができるものではなく、かつ、気象条件に影響を受けやすい商品というのは分かりますよね。

また、とうもろこしと大豆の収穫にもそれぞれ違いがあり、とうもろこしは1年間に収穫のタイミングが1度しかありませんが、大豆は2度収穫があります。

もし天候不順などで生産量が減少する事態が発生した場合の影響は、大豆よりもとうもろこしのほうが大きくなると考えられます。

こんな風に同じ農産物先物でも、商品によって特徴が異なってくるのが面白いですよね。

貴金属先物

貴金属先物には、金、銀、白金などの銘柄がありますが、最も取引が活発に行われているの貴金属は「金」です。

普段投資をしていない人でも「金の価値は高い」という話ぐらいは聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

また、貴金属は産業用に使われ、金でいえば電子製品・歯科技工用など、銀は電子製品・太陽光発電装置・写真のフィルムなど、白金は自動車の排ガス浄化装置・電子製品・石油精製施設で用いられる部品など、多岐に渡ります。

電子製品・自動車の排ガス浄化装置などが中心の産業用の消費の増減は、世界景気の動向に影響を受ける傾向があるため、産業用の用途の割合が高い貴金属ほど、景気の影響を受けやすいと言えます。

こんな風に農作物と貴金属では影響を受ける部分が違うとわかっただけでも、より面白くなってきますよね。

貴金属先物は好景気の場合は消費がより伸びやすく、不景気の場合は消費がより停滞するとわかりやすいかもしれません。

自然エネルギー先物

最後はエネルギーの先物には原油、天然ガス、無鉛ガソリン、ヒーティング・オイルなどがある自然エネルギー先物です。

プライムテックではこの中の原油を取引していますが、原油は話題になることが最も多く、取引も活発です。

世界の原油先物契約の中で取引が多く、影響が大きい契約は、 ニューヨークマーカンタイル取引所(NYMEX)の軽質スイート原油、WTI(ウェス トテキサス中間原油)先物契約、

ロンドン国際原油取引所(IPE)のBRENT(北海ブレント原油)先物契約、シンガポール国際金融取引所(SIMEX)DUBAI(ドバイ原油)先物契約の3種類があります。

原油はニュースが出た時には価格の変動が激しいという面がありますが、逆に言うと大きな利益を生む可能性も高くなり、トレードし甲斐があると言えます。

こういった特徴があるからこそ、原油の取引は活発に行われ、注目を集めている要因の1つでもあると思います。

いきなり原油の先物取引なんて、と思っている人も心配する必要はありません。

冒頭でもお伝えしましたが、初心者でもできる上、効率的に利益を出せるようなシステムになっています。

もし「経験は無いけど投資をしたい」「本業のほかにも収入が欲しい」と少しでも思っている人は、ぜひ最後まで読んでもらえたらと思います。

プライムテックの特徴について

プライムテックの特徴について

それでは実際に注目を集めているプライムテックの中身に触れていきましょう。

なぜ原油先物取引?

先物取引については説明しましたが、皆さんどうしてプライムテックは原油先物取引なんだと思いますか?

その理由は今現在、原油先物取引の黄金時代と言われているからです。

ゴールドマンサックスグループは2021年に原油価格が65ドルに達すると予想していましたが、実際に2021/05/18 67.90ドルになりました。

今後は新型コロナの回復が石油市場を牽引することも考えられ、将来性のある原油先物取引に目をつけない手は無いと考えたのでしょう。

また原油先物取引は手数料が低く、24時間取引可能で、取引コストが低いという点が挙げられます。

プライムテックの特徴

それではもう少し細かくプライムテックの特徴についてみていきたいと思います。

自動売買

自分で取引する必要はなく、自動売買なので資金だけ入れて放っておくだけでできるようになっています。

資金の管理もアプリで行われるので、まず手間が本当に少ないということが特徴ですね。

またその自動取引システムはデータ駆動型の定量分析を活用して構築されているため、安定的かつ持続可能な投資収益を実現しているようです。

月利8%から12%

自動売買で月利8%から12%超の不労収益を目指すことができると言われています。

本当にそんなことが可能なのかと疑問に思っている人もいると思いますので、実際に参加した結果を後ほど報告します。

信頼できる情報として、「プライムテックのエンジニアリングチームは、急速に変化し、信じられないほど複雑な金融の世界で人間のトレーダーが達成できない目標を達成するために、人間が最善を尽くすアルゴリズムの意思決定プロセスを作成している」とあります。

かなり自動売買のシステムには力を入れていることが伝わってきますね。

また、 2016年から2019年にかけては、プライベートエクイティファンドの総規模が40億米ドルを超えて、平均年間収益率は80%にも達しているようです。

これだけの実績があるということは、期待をせずにはいられません。

リスク回避されている設計

自動売買ってちゃんとリスクを回避することができるのか?と不安になる人もいますよね。

どうやら自動プログラミングでリスク回避をする設計になっているようで、そこは心配する必要はなさそうです。

そもそもリスク回避ができないプログラミングだったら大きな収益を上げる実績は作れないはずです。

やはりこういったシステムを開発できるということは、しっかりとしたテクノロジーの技術があると考えて間違いないでしょう。

100ドルから参加ができる

投資を経験したことが無い人にとって、いきなり多くの資金を投資に回すというのは躊躇してしまいますよね。

プライムテックは100ドルという少額から参加することができるので、始めるハードルが低いのも特徴です。

「しっかりと収益を出したい」人から「試しにやってみようかな」という人まで、様々な人のニーズに応えるものいなっています。

こういった点もより多くの人が注目するようになったきっかけの1つかもしれません。

日本の展開がまだされていない

日本で展開されていないということは、まだまだ日本で参加している人は少ないでしょう。

つまり他の人よりも早く参加できるチャンスが残されているということです。

こういった注目されている案件というのは、すでに日本に広まっているということが多いので、展開前に情報が入ってくるのは珍しいですね。

副業にもできるEA(自動売買)の様々なメリット

副業にもできるEA(自動売買)の様々なメリット

投資をする際に、自分で取引をする時と比べて、自動売買には様々なメリットがあります。

自動売買のことがよく分からないという人のために、メリットについてまとめてみました。

専門的な知識や分析が必要ない

まずは何と言ってもこれが大きなメリットですよね。

投資初心者や投資で利益が出せない人にとって、どういった取引をすれば良いか分からないと思います。

自動取引であれば、自分で専門的な知識を増やしたり、分析をする必要がないので、「投資をしたい」と思えばすぐに始めることができます。

投資を始めたくて勉強してみたけどよく分からないからやめたっていう人はかなり多いじゃないでしょうか。

自動売買はこれまで投資に興味があった人に、投資を始めるきっかけを作りやすいと思います。

気軽に投資が始めることができるようになったことは、どんな国にとっても良い流れだと感じますね。

時間を有効に使える

基本的にお金を稼ぐということは、自分の時間を使わなければいけません。

時給にしろ、月給にしろ、単価にしろ、時間を使って報酬を得るということは変わりませんよね。

ところが自動売買では、自分の代わりにAIが働いてくれるため、自分の時間を有効に使うことができます。

自分が働いた収入だけではこれ以上増やせないという限界が見えると思いますが、こういったテクノロジーを使ってさらに収入を増やすということは今後ますます増えてきそうです。

お金も時間も大事ですが、やはり人生の時間は限りがあるので、時間を有効に使える手段があれば何倍も有意義に過ごそうですね。

精神的ストレスを感じない

自分の力だけで利益を上げようとする場合、投資にはかなりの精神力を必要とされます。

損をしても誰にも言い訳ができませんし、逃げ場が無い状態で常に最適な判断をし続けなければいけません。

そういった投資の取引が好きということであれば問題無いかもしれませんが、自らいばらの道へ進みたいという人は少数派でしょう。

自動売買ではこういった精神的ストレス感じることがありませんので、投資を始める前の生活ペースを保つことができます。

稼ぐことができても精神的に疲弊してしまっては、良い人生を歩むことはできません。

感情的になることがない

これは上記の内容と少し重複している部分がありますが、お金が絡んだ取引をする上で常に冷静でいるのは難しいです。

投資経験者であれば、つい熱くなって損をしてしまったり、不安になり過ぎて利益を出せなかった経験があると思います。

もちろん大きく考えればこれも投資の面白さと言えるかもしれませんが、投資はギャンブルではありません。

大事なことは冷静にリスクを回避した取引を淡々と重ねることです。

そういった点では人間よりもAIの方が向いていることもあるということですね。

人間の得意な部分とAIの得意な部分を上手く使い分けていけば、効率的に豊かな生活へ近づくことができるはずです。

本業や夢に専念できる

もし本業の他に収入の柱が欲しいと思っている人や、夢を追っている人がいれば、こういった様々なメリットを最大限に生かすことができると思います。

生活を犠牲にせずより多くの収入を確保できれば、本業に投資をしたり、労働の時間を夢への時間に充てることもできます。

副業で投資をやるというのはこれまで1部の人しかいませんでしたが、自動売買であれば副業をする余裕が無かった人も投資を副業にできます。

「ダブルワークで体を壊して夢を諦めなければいけなくなった」そんなことになる前に稼ぎ方について改めて考えてみてはどうでしょうか。

プライムテックを運営しているドバイのファンドの実績

プライムテックを運営しているドバイのファンドの実績

どういった企業がプライムテックを運営しているのかは気になるところだと思います。

実績や今後の展開について確認してみましょう。

Prime Tech LLCについて

Prime Tech LLCは、2020年にアラブ首長国連邦のドバイに設立されたUAEの原油ファンド商社で、PRIME TECH GLOBAL HOLDINGGROUPに所属しています。

2020年に設立ということで、まだまだ実績が見えにくいのは不安が残るのではないかと思います。

しかしすでにお伝えしていますが、グループとしてプライベートエクイティファンドの総規模は40億米ドルを超え、平均年間収益率は80%にも達した実績を考えると、かなりの実績があると考えて問題ありません。

2021年に正式にグローバル戦略を開始

PrimeTechGlobalのコアビジネスは、2021年からUAEを中心に、最初のバッチはパキスタン、インド、ラテンアメリカを含む10か国以上で展開されるようです。

日本や中国では全く関係性がなく、アジアにはまだまだこれからということですが、すでに世界的に展開できる力があるということは無視できないポイントです。

アンテナの感度が高い人ほど「まだ日本では展開されていない」ことをチャンスだと捉えるでしょう。

AIシステムや多岐にわたる開発に注力

プライムテックの核となっているドバイ原油先物取引の自動売買システム(EA)は、AIシステムや多岐にわたる開発に注力している会社ならではと言われています。

こういったリスク回避がしっかりとプログラミングされた自動売買システムを生み出すのは、並大抵のことではありません。

運営会社に対しての私の印象

これまでの様々な実績や今後の展開については信頼できますが、新しい会社ということもあり情報が少ないのは否めませんよね。

どれだけのシステムなのかということは、やはり体験してみないことには判断することができません。

私が参加して感じたメリットとデメリット

私が参加して感じたメリットとデメリット

それでは私が実際に参加してどのような結果になったのか?どんなメリットやデメリットが考えられるのか話していきたいと思います。

驚きの平均月利10%

正直に言ってこんなにも利益を出すことができるとは思っていませんでした。

自分の力で投資をしている時とは比べ物にならない労力で結果を残すことができています。

プライムテックに参加する前は小さなことでイライラすることもありましたが、生活に余裕が出たせいか内面にも良い影響が出ていると感じます。

世界レベルで展開していくことができるシステムは、私の想像していたよりもはるかに優れたものでした。

メリットについて

それではまずプライムテックに参加するメリットについて考えてみたいと思います。

稼げるチャンスが誰にでもある

実際に私がやってみた感想として、まったくの投資初心者でも問題なく参加できると断言できます。

普段生活をしていて、自分で稼げるチャンスってなかなか見つけることができませんよね。

極端なことを言ってしまえば、本業の他に稼げる方法を100個持っていても何も困ることはありません。

むしろこれからの時代はそうやっていくつもの方法を持っている人の方が、余裕を持って幸せに暮らしていけるのではないでしょうか。

お金を稼げるだけじゃない側面もある

稼げるという言葉が独り歩きしてしまうとお金が全てのような気がしてきますが、そんなことはありません。

経済的に豊かになるということはゴールではなく、ゴールは幸せな人生を送ることですよね。

もちろんそのためにはある程度のお金が必要になってきますが、お金を稼げるようになるとポジティブになれたり、人に対して寛容になることができます。

様々なことにも前向きに取り組むことができるので、交友関係も広がり、信頼できる仲間も必然と増えていきます。

そんな風に「お金を稼ぐこと」ということから「お金では買えないものを得ること」に繋がっていきます。

社会への感覚が鋭くなる

自動売買でも投資に触れてみると、社会の出来事に対して感覚が鋭くなっていきます。

これまでは聞き流していたニュースも、取引への影響を考えてみたり、様々な出来事を立体的に見ることができるはずです。

そういった視点は人とのコミュニケーションにも役立てることができますし、判断力を養うことにもつながります。

デメリットについて

では次に私が考えるプライムテックのデメリットについてみていきましょう。

自分で投資をしている人のモチベーション低下

もし自分で投資をしている人は「これで稼げるなら自分でやる意味はない」と感じてしまうかもしれません。

投資をしている人にも様々な人がいると思います。

投資という行為自体が好きな人は問題無いですが、稼ぐために投資をやってきた人はどうでしょうか。

稼ぐために費やしてきた時間や苦労を考えと、モチベーションが下がるのも無理はありません。

しかし、自分とAIの2馬力と考えれば、投資でより稼ぎたい気持ちも強まっていくのではないかと思います。

稼ぐことが簡単と錯覚してしまう可能性

自動売買で利益を出すことができると、稼ぐことが簡単だと錯覚してしまいますよね。

効率的に稼ぐということは大事ですが、社会の中で生きていくということは、それだけではないということも事実です。

「こんなに簡単に稼げるんだったら、苦労して働く必要もないし、投資なんて楽勝」なんて思うのはやめましょう。

私からのアドバイスとしては、どれだけ自動売買で稼げるようになっても、見失ってはいけないものがあるということはお伝えしておきたいと思います。

怪しい?こういった投資案件を詐欺と疑う理由

怪しい?こういった投資案件を詐欺と疑う理由

これまでの話を聞いても「詐欺なのではないか」と感じている人も少なからずいるでしょう。

100人いれば100通りの考え方が存在しますので、私は皆さんの感じていることを否定するつもりはありません。

しかし、せっかくのチャンスを詐欺かもしれないという疑いだけで逃してしまうのは、とても勿体ないと思います。

そこでどうしてそういった疑いを持ってしまうのか?考えていきたいと思います。

投資をやったことがない

最近は将来に対して不安を覚えて投資に興味を持っている人が増えてきてはいるようですが、まだまだ投資をやったことがないという人は多いです。

日本人は海外の人に比べて投資に関して消極的な人が多すぎると思います。

まず、投資をやったこがない人は、投資で稼げるイメージを持つことができません。

そもそもどうやって投資で稼いでいるのかが分からないので、こんなに効率的に稼げることに戸惑ってしまうと思います。

もし資金に余裕があれば「投資で稼ぐ」ということを経験して欲しいですが、残念ながらそれは簡単なことではありません。

もし投資の経験がないにも関わらず、こんな話あるわけないと思っているのであれば、それはあまりにも早計だと思います。

ネガティブニュースが記憶に残っている

皆さん1度ぐらいは投資で詐欺に遭ったというニュースを目にしたことがあるのではないでしょうか。

仮に10回投資で稼いでいる話を聞いたとしても、1回詐欺の話を聞くとどうしても気になってしまうのが人間の性だと思います。

世の中にはそういった投資の詐欺案件が存在しているのも事実です。

そこを見極めるためにどういった実績があるかを冷静に考えていく必要があります。

プライムテックの実績については既にお話していますが、仮に皆さんが今後別の案件に興味があっても、フラットな視点を持つことが大事です。

楽して稼ぐことに抵抗がある

日本人には贅沢をせず、一生懸命働いてコツコツ貯金することが美しいと思われる風潮があります。

たしかにそういった日本人の姿勢は海外の人から評価されることも理解できます。

でも本当にそのままで良いんでしょうか?

コロナ禍で収入は減り、職が不安定になっている人がたくさん生まれてしまいました。

そんな時代ではコツコツ働くことすらままならないことも十分あり得ます。

慎ましいことが評価できるのは、ある程度豊かで安定した生活が担保されているからなのではないかと私は考えます。

楽して稼げるということは、それだけ効率的に稼げているという点をきちんと評価していかなければいけません。

新しいことに不安がある

誰でも新しいことを始める時は不安を感じます。

そんな時に人は現状維持をするための理由を探してしまいます。

「もしかしたら詐欺かもしれない」「自分だけは失敗してしまうかも」そんなことを考える時間が長引くと、どんどん始める気持ちが小さくなっていきます。

投資はお金に関わることなので、何も考えずに始めてから考える、、、とはさすがにいきません。

しかし、必要以上に慎重になり過ぎることでチャンスを逃してしまった人を私はたくさん見てきました。

そういった人こそ後悔を引きずったり、また同じことを繰り返してしまうんです。

新しいことを始めるということは、人生を好転させるチャンスが目の前にあるということを改めて考えてみるのも良いかもしれません。

失敗はありえる?プライムテックに参加する際の注意点

失敗はありえる?プライムテックに参加する際の注意点

それではどういった点に気をつけておくべきか、私なりに感じた注意点をまとめてみました。

サイトが英語表記になっている

普段英語に馴染みがない人にとっては、英語表記のサイトは扱いづらいと感じるかもしれません。

とはいっても難しい内容ではないので、分からない言葉は翻訳ツールなどを使ってみても良いと思います。

取引については自動でプログラミングされた原油先物市場取引システムを利用できるので、まったく問題ありません。

利用に関して不安になる必要はありませんし、今後展開によって日本語が対応してくる可能性もあるかもしれませんね。

リスクはゼロではない

当たり前の話ですが、投資は「必ず稼げる」ということはありえません。

大事なことはリスクを限りなくゼロに近づけることができるかどうかということになります。

投資家はそのために日頃から勉強をしていますし、プライムテックもおそらく莫大な開発費を投じて、AIを使った自動売買システムを開発しています。

この投資にリスクはあるということは頭の中に置いておいた方が良いでしょう。

逆に投資で実績があるということは、それだけ信頼できるものがそこにあると考えて良いと思います。

できるだけ早く参加した方が良い

仮想通貨にも言えることですが、こういった良い投資案件に参加するのは早ければ早いほど良いです。

先駆者に近い人ほど優遇されることが多いですし、スピード感というのは皆さんが思っている以上に重要だと思います。

もちろん闇雲に早く参加をすれば良いというわけではありません。

しかし、迷っている時間の長さがすでに投資の結果に影響していることは理解しておくべきです。

いまこうしてブログを読んでいるだけの時間をAIで稼ぐための時間に変えることができます。

プライムテックは不労所得を夢見る人は押さえるべき案件

プライムテックは不労所得を夢見る人は押さえるべき案件

これまでの話を総合して私の出した結論は、プライムテックはいまやるべき投資だと断言します。

旅行に行きたい、家が買いたい、お洒落がしたい、老後が不安などお金を稼ぎたい理由は皆さん違います。

しかし、何歳でもどんな経験でも同じように稼げるチャンスがあるというのは、テクノロジーのおかげだと思います。

今後世界がどのように変わってしまうのか誰にも分かりません。

しかし、自分の可能性を自分で広げていくことで、何が起こっても安心できる状態にすることは可能です。

このブログを参考になって、皆さんの不安が少しでも解消される方向に向かえば嬉しく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

TOPページを見る